サカナヤトミちゃん:日本の魚メニュー説明:当然の

さかなやとみちゃん:日本の魚料理

日本は太平洋に近い島です。このため、国内で最も人気のある料理は主にシーフード、特に魚で作られています。水産物は常に日本の食生活に欠かせないものです。日本人一人が年間50kg以上の魚を食べることができると信じられています。 

さかなやとみちゃんでは、世界を席巻した日本一の魚料理をご紹介します。独特の味と本格的な日本の魅力で人気の料理です。さかなやとみちゃんでの次のご注文をお見逃しなく。 

見逃せない日本魚料理!

日本は料理を作る最も創造的で芸術的なスタイルを持っています。彼らが用意する食事は常にバランスが取れており、それぞれの料理を魅力的に見せるためにどれだけの努力が払われているかがわかります。以下では、当店の自慢の料理をご紹介します! 

寿司 

日本料理に関して、世界で最も人気のあるものは寿司と呼ばれています。それは国で最も典型的な料理です。実際、外国人にどんな日本食を知っているか尋ねると、彼らはおそらく寿司と言うでしょう。 

寿司は8世紀に最初に発明されました。しかし、それが発明された理由は、私たちが今それを作った理由と同じではありません。当時、寿司は魚を発酵米に保存して保存するために作られていました。ある期間、日本人の料理人は、作りたてのご飯で寿司を作り、魚の味を促進するために他の材料で味付けするようになりました。現代の寿司の魚は、保存される代わりに生で食べられるようになりました。

寿司にはさまざまなスタイルがあり、それぞれが他のタイプとは異なる特別な食材を使用しています。もう一つの注目すべき点は、寿司の形と調理法の違いです。寿司の異なる種類を識別するために、次のリストを見てみましょう: 

寿司の種類を

  • Makizushi 

Makizushi、それは米や食材の両方一緒にロールに海苔のシートを使用しているためnorimakiとして知られている寿司の一種です。最初の巻き寿司は1700年代に作られたと考えられています。最初の海藻ラップは、最初は乾燥した海藻でした。しかし、今日私たちが知っている海藻シートは、すぐに製紙と同じプロセスで発明されました。 

海苔巻きという名前は、海苔を意味する「のり」と海苔巻きのシートに材料を巻くプロセスを意味する「巻き」の2つの日本語の単語で構成されています。 

  • 軍艦 

巻き軍艦巻きは、1940年代に銀座寿司店で最初に発明されました。この寿司を作るプロセスは、おにぎりに海苔の広いストリップを包み、魚や魚の卵などのさまざまな材料で満たすのに十分なスペースを上に残すことを含みます。 

この寿司の名前は、その形が偉大な軍艦に似ているため、軍艦に翻訳することができます。この料理の人気のトッピングには、ウニ、サーモン、イカ、卵、マグロの腹、カニ味噌、ポテトサラダが含まれます。

  • てまきて 

まき寿司はアイスクリームの形に似せて作られています。材料を円錐形の海苔で巻いて作られています。シンプルさで全国的に人気の料理です。このタイプの寿司に使用される最も人気のある材料は、ネギトロ、イカ、サーモンストリップです。 

  • Narezushi

Narezushiは塩と発酵させた米を使用して保存されている魚で作られた料理です。このタイプの寿司は、現代の調理法では発酵期間が短いものの、一般的にオリジナルの寿司と見なされています。非常に辛味があり、若い世代にはあまり人気がありません。 

  • にぎり

寿司のこのタイプは、我々が今日の知っている現代の寿司の原形です。おにぎりの上に手で押して薄くスライスした魚を重ねて作ります。江戸時代の料理人が、作りたての寿司を労働者に売って軽食をとることを決意したことで最初に発明されました。それはすぐに人気を博し、今日でも最高の日本食の1つと見なされていました。 

  • Oshizushi

Oshizushiは大阪から発信押し寿司として知られています。長方形の箱であるオシワラに材料を押し込んで作られています。その後、材料は小さな長方形に分割されます。この料理で最も人気のあるトッピングは、サバまたは砂嚢のシャッドと食用の葉です。 

  • 寿司 

笹は日本語で笹の葉を意味します。鯖や鮭などのトッピングをご飯の上に重ね、笹の葉で包んだお寿司です。戦国時代に長野県から来たと考えられています。 

  • 柿の柿の 

葉寿司葉寿司は、江戸時代の奈良地方で生まれた押し寿司の一種です。柿の葉に包まれているのがよく見られます。リーフラップの中には、薄くスライスした魚を乗せたご飯を包みます。 

  • 手まり 

手まりは海外ではあまり人気のない寿司で、日本でも一般的ではありません。しかし、日本の家庭では時々食べられます。さば、鮭、卵、その他の魚など、さまざまな具材を重ねた小さなおにぎりでできています。 

  • ちらし言い換える

寿司この料理は、作り方からすると散り寿司とことができます。海鮮丼に似た見た目で、鮭、イカ、きゅうり、細切りオムレツ、茹でたエビなど、さまざまな具材を丼に重ねて作られています。 

  • 稲荷寿司 

稲荷寿司は、他の寿司とは異なる種類の寿司です。このタイプの寿司は、ポーチのような揚げ豆腐を調味料で煮込んだものを使用して作られています。豆腐が好きとされる稲荷神にちなんで名付けられました。      

刺身

刺身は生の魚でできており、寿司とほぼ同じように食べられます。西暦前5600年頃に発明され、日本で最も人気のある魚の楽しみ方の1つとして知られています。この料理は、大皿に上品に並べた薄切りの魚を使用しています。その後、醤油、すりおろした生姜、細切り大根、わさびなどの調味料を添えます。   

ブリ大根

ブリ大根は、野生のブリを煮込んだものを大根と一緒に煮込んだもので、より旨味が増します。冬のブリを釣るのに最適な日本海に近い富山県で生まれました。この料理は冬の間、田舎で広く楽しんでいます。 

塩焼き肴

この料理は、日本料理のメインディッシュとしてよく使われる炭火焼き魚で作られています。この料理はどんな魚でもかまいませんが、最も人気のある選択肢はサバ、鯛、サンマ、サーモンです。おかずとしてご飯、スープ、きゅうりのピクルスと一緒に出されることがよくあります。  

カツオ 番号 たたき

太平洋に面した四国の小島の近くにある町、高知県発祥の料理です。カツオやカツオで有名な場所で、藁に包まれて簡単に焼かれ、外観は調理されますが、中央はまだ生です。この魚は、ポン酢または柑橘系の醤油やその他の調味料と一緒にスライスして提供されます。  

三馬の日輔秋に

人気の料理です。多くの場合、サンマやサバのパイクを醤油、日本酒、砂糖、生姜で大根と一緒に煮込んで作られています。サンマとサバは、北海道で肥育された後、日本の北東部で秋のシーズンに捕獲されます。 

この料理は、煮るソースと完璧に調和する油っぽい味と一緒に強い風味を持っていると説明されています。うま味がたっぷり入ったお料理にぴったりの魚料理です。それとは別に、簡単な調理で日本で最も一般的な家庭料理の1つでもあります。 

味噌漬け鮭

この料理は、鮭を味噌でマリネし、炭火で焼いてスモーキーな味わいにしたものです。味噌のうま味と鮭の脂身が相まって、とっても風味豊かな一品です。この料理の甘くて軽いバージョンが必要な場合は、西京味噌で作ったものをリクエストできます。日本酒、甘酒、塩味の発酵米など、同様の味の材料でマリネすることもできます。 

南蛮漬け

この料理は、九州県の近くにある町、宮崎を起源としています。ワカサギ、イワシ、サバなどの魚を南蛮ソースでマリネし、小麦粉をまぶして揚げたものが多い。揚げた後、残りの南蛮ソースを添えて風味を高めます。その結果、少し酸味があり風味豊かな料理になります。   

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.